鎌倉能舞台について

概要利用案内アクセス

事業内容

当財団は、能楽を中心に我が国古来の伝統芸能を広く普及させることを目的に次の事業を展開しています。

 

1:振興事業(次世代への能楽の伝承と育成及び技術の向上を目的)
これからの日本を作っていく子ども達に、自国の伝統芸能である能・狂言の存在とその素晴らしさを理解して貰うには、プロの能楽師が演ずる舞台を実際に見たり、自ら能・狂言・囃子を体験したり、使用する楽器や謡を演じてみることが重要な機会と考え、本事業に取組んでいます。

 


2:普及事業(能楽を中心とした伝統芸能の公開及び普及並びに伝統芸能の調査・研究及び資料の収集と提供を目的)
あらゆる世代の方々に、世界文化遺産である能楽を広く知っていただくために、初めて能楽を鑑賞する方々誰でも分かり易く、気楽に鑑賞できる機会を提供することを目的に本事業に取組んでいます。

 


3:舞台運営事業
当財団所有の「鎌倉能舞台」が能公演に供されていない時には、能狂言・邦楽・種々の会のお稽古・おさらい発表会・音楽の演奏会等の場としてお貸出しいたしております。又、「博物館」として能舞台・能面・能装束の常設展示や、能楽関連グッズの販売を行っています。

 

 


【鎌倉能舞台事業目的】
我が国を代表する古典芸能である能楽(=世界無形文化遺産)の振興と普及を図り、文化の向上に寄与することを目的としています。
1:公益目的事業
「振興事業」次世代への能楽の普及(伝承者の育成と技術向上)事業
(1)能楽体験、観賞事業
(2)後継者育成事業
「普及事業」能楽を中心とした伝統芸能の公開と普及事業
(1)自主公演事業(「能を知る会」の開催)
(2)受託公演事業
(3) 能舞台・能面・能装束の展示公開
(4)伝統芸能の調査と研究及び資料の収集と提供
2:収益事業
「舞台運営事業」
(1)貸舞台・稽古場としての舞台提供
(2)能楽博物館としての一般展示
(3)グッズ販売等

 

名簿pdf
【理事】代表理事:石渡 德一、理事:中森貫太、近藤浩通、坂倉徹、若林隆寿、井手太一、藤川譲治、浅尾慶一郎、大崎哲郎
【評議員】本田博保、小林利弥、熊谷真太郎、斉藤隆晴、岩崎久人、廣澤幹久、湯澤大地、
中森健之介

 

【第43期(平成23年11月1日~平成24年3月31日)報告書類】
第43期度 事業報告書.pdf
第43期 正味財産増減計算書.pdf /  第43期 期末貸借対照表.pdf

【第44期(平成24年4月1日~平成25年3月31日)報告書類】
第44期度 事業報告書.pdf
第44期 正味財産増減計算書.pdf /  第44期 期末貸借対照表.pdf

【第45期(平成25年4月1日~平成26年3月31日)報告書類】
第45期度 事業報告書.pdf
第45期 正味財産増減計算書.pdf /  第45期 期末貸借対照表.pdf

【第46期(平成26年4月1日~平成27年3月31日)報告書類】
第46期度 事業報告書.pdf
第46期 正味財産増減計算書.pdf /  第46期 期末貸借対照表.pdf
【第47期(平成27年4月1日~平成28年3月31日)報告書類】
第47期度 事業報告書.pdf
第47期 正味財産増減計算書.pdf /  第47期 期末貸借対照表.pdf

 

  • 能を知る会R
  • 能樂鑑賞教室
  • 能樂博物館
  • 貸し能舞台
  • オリジナルグッズ
  • 賛助会員
     
  • 演者の一言
  • 能について学ぼう
  • 過去の公演情報
  • 関連リンク
  • 中森貫太のページ
  • お稽古のすすめ